コラム
2013.05.10

顧問弁護士の有用性について

顧問弁護士とは会社あるいは個人にとってどんなメリットがあるのでしょう?顧問弁護士は、会社や個人の顧客と顧問契約を結んだ弁護士のことを言いますが、顧問弁護士は顧問先の営業や組織について詳しく把握することになりますので、何かトラブルが起こりそうな点についてアドバイスを行い、顧問先のトラブルを未然に防止することが出来ます。また、何か法的な疑問点やトラブルが生じた場合には、顧問先は電話1本あるいはファックス1本で法的な疑問点やトラブルの解決法を顧問弁護士に問い合わせることが出来ます。必要であれば顧問弁護士と面談し法律相談に応じてもらうことも当然可能です。また、顧問先は契約書のサンプルの入手、あるいは契約書の作成、作成した契約書のリーガルチェックを顧問弁護士を利用することによって容易に行うことが出来ます。

さらには不幸にも顧問先が法的にトラブルに巻き込まれ、またトラブルを起こしてしまい当事者間では解決不可能な状態に陥ってしまった場合でも、顧問弁護士がいれば即座にその処理を依頼し、顧問先の代理人としてトラブルの解決にあたらせることも可能となります。顧問弁護士は顧問先の代理人としてトラブル解決の交渉にあたり、必要であれば訴訟を提起したり、提起された訴訟に応訴したりします。

高度に複雑化した現代社会においては、顧問弁護士を有しているかいないかにより、会社や個人の将来的方向性が大きく違ってくることもあります。かかる弁護士を有している会社や個人の方が法律的に賢明な方向性を選択でき、その利益を守る良好な方向性を維持できることはいうまでもありません。

顧問料といっても会社や個人の規模によってさまざまな料金設定が可能であり、リーズナブルな顧問料で顧問弁護士を利用することも可能です。顧問弁護士を利用されていない会社や個人の方には、この機会に顧問弁護士活用の検討をお勧めいたします。

連絡先

弁護士法人 関西はやぶさ法律事務所
〒520-0051 大津市梅林1丁目15番30号 林ビル本店2階
(JR東海道本線「大津」駅より県庁方面に徒歩5分)

tel:077-527-6835
ページの先頭へ